<< 竹炭体験 | main | 天竺のはらっぱであそぼう >>

とよっぴー

とよっぴーとは、給食の調理くずや食べ残しと街路樹の剪定枝を混合し発酵・熟成させた「土を元気にする」堆肥です。最初にわたしは、8月17日(水)に緑と食品のリサイクルプラザへ行き、とよっぴーを作る過程を見学させていただきました。

 

[写真 

写真,竜ヽを動かして、とよっぴーの元を撹拌します。発酵中の温度は50度あるので、機械を動かすと辺りが熱気に包まれます。毎日給食が届くときはこの機械を3往復半動かすそうです。発酵と熟成を終え、とよっぴーとして完成するまでに3ヶ月かかります。その間に水分量が50%を下回らないように週1回測定を行い、ホースで水を撒きます。

次に8月31日(水)に再びリサイクルプラザを訪れ、今度は完成したとよっぴーの袋詰め作業を体験しました。

 

[写真◆

写真△竜ヽを使って袋詰め作業を行います。機械の上からとよっぴーを入れ、銀色のシートがかかっている部分からとよっぴーが出てきます。自動的に10キログラムが計測され、袋に詰められていきます。袋の口は圧着するものと紐を使って手作業で結ぶものの2種類あります。圧着するのには時間がかかるので、3個あれば1個は圧着し、残りの2個は紐で結ぶというペースでした。この日は200個を目標に9時から12時前まで作業をし、240個ほど袋詰めが完了しました。これらのとよっぴーは、第2土曜日と第4水曜日の月2回リサイクルプラザにて販売されています。

 

この日は、とよっぴーを機械まで運ぶ車のタイヤがパンクするといったトラブルがあったり、太陽の下での作業はとても暑かったりと大変でしたが、積みあがったとよっぴーを見ると、達成感を感じることができました。

(京都女子大学3回生 鈴木真由)


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM