<< げんき塾での農作業! | main | サイエンスカフェ >>

クリーンランド見学

817日(水)に豊中市と伊丹市、2つの市が運営しているクリーンランドに見学に行きました。

 

施設の見学前に株式会社きるとさんから障害者雇用についての説明がありました。まず民間企業、公的機関に関わらず雇用する労働者の約2%を障害者にしなければいけないという障害者雇用比率制度についての説明を受けました。これが義務付けられていることを知り驚きでした。またこの雇用率の条件を満たさない企業は納付金を納めなければならないそうです。反対に設定されている雇用率より多ければ報奨金がもらえる仕組みになっています。雇用率を満たしているから良いのではなく、あくまで目標を定めることで障害者の雇用も行っていきましょうというメッセージなんだと思います。きるとの従業員さんの半数を障害を持っている方が占めています。これは会社として運営を始める前に実技試験等を何度も行ったからできたことだと言っていました。下準備さえきちんとしていれば障害者の方でも充分に働けることを証明していると思いました。

 

午後からはクリーンランド内の見学を行いました。初めにDVDを視聴して施設のおおよその仕組みを学びました。このDVD5分以内で終わるよう見学対応した人は要求していたそうですが、完成した映像を見るとはるかに超えていたそうです。クリーンランドの方が作成したことを聞き、1から10まで丁寧な説明をしたかったのだろうなあと感じました。そしていよいよ施設の探索が始まりました。ごみクレーンとごみホッパという収集したごみを焼却炉へと移動する装置を初めに見ました。まるでゲームセンターに置いてあるUFOキャッチャーのようでした。ひとつまみの大きさを体感できるスペースも床に絵を描いてあり想像が容易にすることができました。きるとの従業員さんがごみを分別する作業を行っている様子をガラスを通じてではありますが見ることができました。私たちが何も考えずにごみを捨ててしまうと、分別する手間が掛かってしまうため、ごみを出す際には必要最低限のルールを意識しながら出していかなければならないと感じさせられました。その他にも焼却炉の疑似体感コーナーや燃やす際発生するガスを仕分けする装置を見たりしました。フロアは10階まであり、最上階では周辺を一望できます。小さな子はもちろんのこと、大人までがごみを出した後の流れを見聞きして理解することができる、学習に最適な場所に感じました。

(大阪経済法科大学3年山下龍一)


コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM