<< インターンシップで一番楽しかった人生で初めての体験 | main | クリーンランド見学 >>

げんき塾での農作業!

今回は私がこのインターンシップ実習中に参加した、げんき塾(農作業)について書きたいと思います。

げんき塾というのは、アジェンダの花と緑のネットワークが行っているもので、募等に応募した市民の方が一年を通して農作業を行い、野菜の栽培方法を学ぼうとするものです。ここでは、色々な野菜の育て方を、座学と実際の農作業体験を通じて学ぶことが出来ます。これに、私は818日と91日の2回参加させて頂きました。

座学では、それぞれの野菜の特徴や育て方を学びます。そして、実際の農作業でまず行ったことは、雑草を抜くところから。これは農作業の基礎となる作業なので、とても重要であり、また大変な作業です。ですが、質の良い野菜を育てるには、絶対に妥協は許されない工程です。
次に、肥料をまく作業を体験しました。豊中市では、給食の残飯などを活用し「とよっぴー」という独自の肥料を生産しております。これを今回まかせて頂きました。このとよっぴーはとても質が良く、育てる野菜たちはグングン成長してくれます。個人での購入も可能ですので、気になった方は是非チェックしてみてください。

実際に種をまき、野菜の成長を見届けるということを、日程の都合上体験することは出来なかったのですが、私が参加する以前から育てていた野菜を収穫するという作業には、参加することが出来ました。収穫したものは、きゅうり、ミニトマト、ピーマン、なす、ししとうにオクラなどでした。すべて、立派なほどに育っており、とてもおいしものができておりました!(←つまりおすそ分けを頂いたということですね笑)

今回のげんき塾への参加で、一番学べたことは、やはり野菜や資源等あらゆるものは、簡単に捨ててはいけない、大切にしなくてはいけないということだと思います。今回の野菜の例で言えば、こうして苦労して野菜を作っている方がいるわけですから、簡単に残飯として捨ててはいけないと思うのです。感謝をして頂くことがベストだと思います。とよっぴー(肥料)としてまた再利用しているのだから別にいいじゃないか。という方もいるかも?しれませんが、そんなことはなく、やはり生産者もきっちりと消費してくれることを前提に生産を行っていると思います。なので、どんなものでも、絶対に無駄にしないということが大事だと思いました。
(大阪経済大学3年 本田祐樹)

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM