<< 役員選考委員会 | main | 野生生物実験園 >>

環境自治体会議かつやま会議

5月25日(金)〜27日(日)に福井県勝山市で開催された
第20回環境自治体会議かつやま会議に参加してきました。

勝山市は人口約2.5万人、恐竜化石が見つかったことが有名で、
市域の一部が白山国立公園にあたるなど、自然豊かな市です。
市内全域を屋根のない博物館と考えた「エコミュージアム構想」
に基づいたまちづくりを行っており、日本ジオパークに認定や
アメリカの経済紙フォーブスによる「世界で9番目にクリーンなまち」
として評価を受けています。

また、環境自治体会議は、全国50以上の地方自治体が会員となり、
年に1回の全国大会などを通して、環境に関する学習や情報共有、
交流などをはかっているもので、豊中市も会員となっています。
(環境自治体会議について詳しくはこちら

当団体も以前からこの全国大会に参加してきたのですが、
ここ数年は豊中市労働組合連合会にお誘いをいただいて、
一緒に参加させていただいています。

25日(金)は、全体会として恐竜に関する基調講演や、
全国6市町の首長によるパルディスカッションがありました。

s-CIMG0536.jpg
開会前に披露された、勝山高校日本文化部の伝統芸能

26日(土)は、11の分科会に分かれて、座学とフィールドワークがあり、
夜には参加者全体での交流会(夕食会)がありました。

s-CIMG0570.jpg
生物多様性の分科会のフィールドワーク

27日(日)は、全体会として前日の分科会報告や、
記念講演、かつやま会議宣言の採択などが行われました。

s-CIMG0603.jpg
かつやま会議宣言の採択


勝山市民を含めて全体1,000人以上、交流会だけでも約350人の参加があり、
全国からは32の会員自治体が、また、14人の首長が参加されたそうです。

私も近隣の市の方から、別の機会にお会いした遠方の方まで、
いろんな方と再会・交流することができたとともに、
地域の資源(自然、文化、歴史、人)について考えた3日間でした。

来年は、鹿児島県日置市で開催されるそうです。(廣田)

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM