<< 事務局会議 | main | 北海道環境財団のヒアリング >>

津波・高潮ステーションの見学と講演

今日は、事業部会の見学会を開催し、
大阪市内にある津波・高潮ステーションへ行ってきました。

津波・高潮ステーションは、大阪府の施設で、
地下鉄中央線の阿波座駅から徒歩1分の場所にあります。

s-CIMG0212.jpg
上の写真は、海面と同じ高さに立ったとき、実際にある場所の
家の高さがわかるように作られた展示品です。
左右の壁が防波堤で、奥の家は床より低い位置にあります。
大阪市内には海抜0m以下の土地が約40平方kmもあり、
約108万人も住んでいるそうです。

s-CIMG0217.jpg
高潮や洪水についての展示として、大阪に被害をもたらした
過去の大型台風の紹介があり、昭和25年のジェーン台風で壊れた
神崎川の橋の写真もありました。

s-CIMG0222.jpg
写真はありませんが、津波災害体感シアターというもので
津波が襲ってきた際の様子を映像で体験したものがあったり、
上の写真のように、予想される津波の高さを壁に表示して
津波が来る範囲の地図を床に貼って紹介されています。

また、見学の後は、アジェンダが天竺川の活動で関わりのある
大阪府池田土木にお願いし、特別に見学のセットとして、
今後の治水対策の進め方について講演いただきました。

ちなみに、津波・高潮ステーションで紹介されている
地震や津波の予測などは、東日本大震災以前の想定で
作られたものだそうですが、いろいろと勉強になりました。

団体は事前予約が必要ですが、少人数は予約不要です。
入館料も無料で、土日祝もやっているので、
関心のある方は、見学に行ってみてください。(廣田)

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM